東京六大学社会人野球対抗戦・日本通運vs早稲田大in神宮球場(5/8記載)

早大見るの、いつ以来だっけ。
早大の先発は2年早川投手。3回裏。浦部選手がバックスクリーンにソロ一発。8年前に神宮で見た本塁打を思い出しちゃったよ…。
更に4回裏。稲垣選手が三塁打で出塁すると、北川選手が適時打。更に、関本選手が死球で続いた後、早大がパスボールで二、三塁に。で、浦部選手の打球は三塁手ファウルゾーンで背走してキャッチ、したのだが、ここで北川選手がタッチアップ!三邪犠飛に。これはスタート切る日本通運が思い切りがいい。二塁走者の関本選手も三塁までタッチアップしてるんだもの…。
早大は、5回から徳山投手、6回から西垣投手と1イニングずつルーキーを登板させ、更に7回にリーグ未登板の3年藤井寛之投手が登板して1イニング抑える。で、8回は同じくリーグ未登板の2年柴田投手が登板。途中の中堅守備から出場していた手銭選手がヒットで出塁すると、代打藤嶋選手がガツンと2ラン。ひいい。
日本通運の先発は生田目投手。観戦はそんなに多くないのだけれど、この日の投球は今まで見た中で一番良かったなあ。5イニング、打てる気しなかったよ。なお、打席でぶんぶん振って、振逃をもぎ取ったのも御愛嬌。本当に打席好きだよね!その後をリレーした庄司投手が少々不安定で、6回はなんとか投げて、7回表に途中で替えられてしまったり。そしてそういう尻ぬぐいはいつも池田投手の役目(遠い目)いやもう本当に多くないかこういうの…。結局、ダブルスチール敢行して捕手が投げようとしたところを打者がかぶる形になって、守備妨害で終わったんだけどね、この打席(あ)で、8回は和田投手、9回は渡辺投手で完封リレー。なんというかもう、池田投手の使われ方は頼られてるのは重々承知だけど、なんか切ない。
それ以外の話としては。実は日本通運・諸見里選手がスタメンだったのだが、2回表の打席でファウルチップを顔に…!負傷交代となる。で、JABA九州で無事を確認したのでようやくこのレポートを公に。良かった…。
そしてもう1つ軽い話題としては、東京六大学サイトにも出ている、代打「佐藤デ」。もう少し他に表記なかったのか…。というか、神奈川大学野球連盟では、ミドルネームの「デシャーン」外して「佐藤広之」登録だったので、「佐藤広」表記だったんだよね、佐藤デシャーン選手。そしてその後グランドスラムで「伊藤ヴ」を見て同じ感想を。