東京都企業秋季大会・セガサミーvs明治安田生命inJR東日本柏グラウンド(11/6記載)

セガサミー都市対抗以来だけれど、明治安田生命丁度昨年の東京都企業秋季大会以来。…どれだけ井村選手の外野手観たくなかったんだ(ぼそ)。とはいえ、この日は指名打者スタメンだったので結構気が楽。キャプテン姿を見られるのは嬉しいしな。
セガサミーの先発は東(ひがし)投手。が、1回表。宮川選手の打球を一塁手ファンブルして出塁すると、大野選手がヒットで続いて一、三塁。ここで道端捕手が適時打で一、三塁。なお、生還した宮川選手がベンチで大声で「あれエラー!?」どうやら出塁した時の打球のことのようで。まあ…投手の一塁カバー遅れで内野安打、もないことはなかった…?いずれにしろ楽しい。更に、井村選手が適時打。明治安田生命が幸先よく2点先制。
更に2回表。木田選手が四球、新城選手がヒットで続いたところで、東投手はノックアウト。氏家投手にスイッチ。が、進塁打を挟んだ後、佐藤選手が3ランがつん。序盤に0-5…。それでも、氏家投手はここから立ち直って、以降はきっちり抑えていく。まあ、実は3回表から、喜多捕手から須田捕手にスイッチしているため、それでリズムが変わったのかもしれないが。
明治安田生命の先発は大久保投手。淡々と安定した投球が続く。が、7回裏。北阪選手と赤堀選手が連続ヒットで一、三塁とすると、江藤選手が適時二塁打セガサミーが1点返す。が、なおも二、三塁のピンチを、大久保投手がきっちり断つ。
一方、明治安田生命。8回表には道端捕手のヒットで出塁した後、井村選手が捕手前にバントを転がしたら処理する須田捕手と一塁へ走ろうとする井村選手が丁度交錯、わたわたしながら須田捕手がボールを処理して一塁へ送球したけどセーフ、という。結果はバントヒット。初芝監督が抗議するも、覆らず。守備妨害をとるにも、あの交錯の状態だと微妙(井村選手の方としては走塁妨害にもなりかねないプレーで、そういう場合はどちらもとらないことになるはず)だったよなあ。で、ベンチから「スーパーバント!」という声がかかるぐらいの泉澤選手の綺麗な三犠打で進塁した後、吉田選手が四球で一死満塁に。ここで氏家投手が降板。いや、よくここまで投げたよ…。で、都市対抗で実績を残した陶久投手をここで投入。書き手が悲鳴を(え)が、書き手の心配をよそに、陶久投手は浅い左飛(ポジション的には遊飛で処理できるあたり)と空振り三振で切り抜け、明治安田生命が無得点。あらら。
9回表は森脇投手が登板して、佐藤選手と道端捕手の連続ヒットに、ベンチから「警戒されてるしげる!」*1と声がかかっている井村選手が四球で満塁になったものの、そこは森脇投手も意地で無失点に抑えて、援護を待つ。
が…大久保投手、この試合被安打8なんだが、連打は7回の3本だけで、後は単打。しかも四死球も出さず、となると、やっぱり得点は難しく。結局、大久保投手が1失点完投勝利。

*1:ちなみに「警戒されてる~」はこの場面でこの試合2回目の声かけ。1回目は同じ声援があった後に「なんでかわかんないけど」って言われたとか。2年前の都市対抗で補強選手として知っているから、とか思わなくもない…ところで…ベンチの声は多分おなじひとですかね…?(にやにや)